問診票はこちら お問い合わせ 電話をかける
健康ブログ詳細
お知らせ 診療方針 受診の流れ 診療内容 点滴・注射について 料金表 健康ブログ 内科・循環器内科へお越しの方

TEL.072-727-1000

自由診療時間 13:15-16:00
日曜日、水曜日、土曜日休診
問診票はこちら ご予約・お問い合わせ

Blog Detail

健康ブログ詳細

2023.07.14

  • 健康

知られざる水素のちから

みなさん、こんにちは。まにわクリニック院長の馬庭です。

くすりを飲むにしても、サプリメントを飲むにしても、副作用を無視することはできません。
もし、多種多様な効果が期待できて、かつ、副作用がないものがあるのなら、試さない手はないですよね。
そんなものあるのか?
あるんです!
その名は
「水素」
今回は、知られざる水素のちからについて解説します。

1. さまざまな病気の原因とは

本の死因ランキングは

1位 悪性新生物
2位 心疾患
3位 老衰
4位 脳血管疾患

一方、要介護になる原因ランキングは

1位 認知症
2位 脳血管疾患
3位 高齢による衰弱
4位 骨折、転倒

となっています。
つまり、ガンや血管の病気、骨や筋肉の病気、脳の病気によって老化が進み、健康寿命や平均寿命を迎えてしまうのです。

このような病気を起こす原因はなんなのでしょうか。

共通する要因は

「慢性炎症」

です。

水素効果

ガンは大腸がんなら大腸の炎症、血管の病気は血管の炎症、認知症は脳の炎症というように、炎症によってカラダは老化して病気になっていきます。

2. 注目される「慢性炎症」

水素の力

近年、慢性炎症と病気の発症が注目されています。

炎症とは、体内に病原体(細菌やウイルス)が入ってきたときに、熱がでたり、喉が腫れたり、怪我をしたときに赤く腫れたりする反応のことです。

ここでいう慢性炎症とは、そのような急性の反応ではなく、症状として感じない程度の弱い炎症が長期間にわたり続く反応のことを指します。

急性炎症が家事だとすると、慢性炎症はボヤがずっと起こっているイメージです。
炎症を起こす原因はさまざまですが、代表的なものとしては

生活習慣病からくる脂肪肝や腸内環境の悪化
タバコに含まれる毒素
水銀やカドミウム、ヒ素、鉛などの有害金属

などが挙げられます。

炎症が生じた場合、カラダはその炎症をおさめ、壊れた組織を修復しようとします。これには免疫が関与しています。
免疫機能が維持されていれば、正常に修復され、炎症もおさまりますが、免疫機能が狂ってくると、炎症を十分におさめることができなくなり、慢性炎症につながっていきます。

ガンの場合、修復の過程で細胞ががん化し、その細胞を免疫機能がしっかりと排除できなければがん細胞が増加してガンが発症します。

血管の慢性炎症は、血管の老化を進めて動脈硬化を起こし、狭心症や心筋梗塞、脳卒中を発症することになります。

骨も炎症によって脆くなり、骨粗鬆症・骨折の原因となります。骨折すると一気に筋力が低下してしまい、フレイルと呼ばれる状態に陥ってしまいます。

認知症も脳の慢性炎症の結果、さまざまな異常タンパク質が脳に蓄積して発症する機序が考えられています。

実にさまざまな病気が慢性炎症によって発症しているのです。

以下のような症状や不調は、慢性炎症が原因となっている可能性があります。

3. 水素が炎症をおさめる

水素の力とは

では、炎症をおさめるためにはどうすればよいのでしょうか。

もちろん生活習慣を改善させる
運動をする
しっかりと眠る
加工食品や環境毒素の暴露をさける

などは大切です。
でも、今起こってしまっている慢性炎症をおさめるためには、それだけでは不十分な場合もあります。
その時に有用な方法が

「水素」

です。

慢性炎症を引き起こす物質に「活性酸素」と呼ばれるものがあります。
この活性酸素は体内のさまざまな場所に酸化ストレスを生じさせ、炎症を引き起こします。

酸化ストレスとは、簡単にいうと「カラダのさび」です。

活性酸素が多いと、カラダのあちこちがさびてしまい、炎症⇨老化を引き起こしてしまいます。

水素にはこの活性酸素を除去する効果が認められています。

活性酸素が発生すると、エネルギーの産生工場であるミトコンドリアが損傷してしまいます。
そしてミトコンドリアが損傷を受けるとさらに活性酸素の発生につながってきます。

水素はミトコンドリアの中で発生した活性酸素を除去することで炎症をおさめ、さらにミトコンドリアの機能を高めてくれるのです。

4. さまざまな水素のちから

水素には炎症をおさめる効果があることを先に述べましたが、それ以外にもさまざまな効果が報告されています。

以下に報告されている効果をお示しします。

水素の力

水素の素晴らしいところは、特に副作用がないことです。

たいてい炎症を抑えるために使用する薬には副作用がつきものです。
胃を荒らしたり、腎臓や肝臓に障害を与えたり、免疫力が低下したりなど、メリットとデメリットのバランスを取りながら使用することが多いです。

その点水素はこれらの副作用がなく、安心して使用することができます。

5. どうやって水素をとるの?

ではどうやって水素をとればよいのでしょうか。

水素はさまざまな方法で取り入れることができます。

水素効果

水素水やサプリメントの場合、腸や肝臓に水素が届けられます。
なので腸や肝臓にトラブルのお持ちの方は最適です。

水素を吸入する方法もあります。これは装置を購入するか、提供してくれているクリニックを受診する必要がありますが、肺から体内に入り、血流にのって全身に水素を届けることができます。

皮膚のトラブルをお持ちの方は水素バームも有効です。直接水素が投与されるため、皮膚の炎症改善に期待できます。
浴槽に水素発生機から出てきた水素ガスをつけておくのもよいでしょう。同じく皮膚から吸収され、皮膚の改善やリラックス効果が期待できます。

いかがでしたでしょうか?

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

水素の素晴らしさを少しでもご理解いただければ幸いです。
まにわクリニックでは、水素吸入を行いながら点滴療法受けていただくことができます。気になるかたは一度ご相談ください。

〒562-0036 大阪府箕面市船場西2丁目3-9 箕面船場西メディカルセンター2F

ご予約・お問い合わせ

診療
時間

9:00-
12:00

(13:15-
16:00)
※自由診療

16:00-
19:00

内科・循環器内科へお越しの方